認知脳理解に基づく未来工学創成

2010年5月29日(土)13:00 - 16:30
大阪大学大学院人間科学研究科 東館 ユメンヌホール(207講義室)
大阪府吹田市山田丘1-2: 大阪モノレール彩都線 阪大病院前駅より徒歩約10分

参加無料(事前参加登録が必要です)

お問い合わせ:大阪大学GCOE第3回シンポジウム運営事務局
(e-mail: gcoe-cnr3rd-symp@live.jp

プログラム

■ 開会の挨拶  
13:00 - 13:10 石黒 浩 <拠点リーダー>
基礎工学研究科・教授
■ イントロダクション  
13:10 - 13:15 八十島 安伸
Yasunobu YASOSHIMA
人間科学研究科・准教授
■ ゲスト講演  
13:15 - 13:55 田中 沙織
Saori TANAKA
社会経済研究所・准教授
"時間割引の脳機構: 自己制御とセロトニン"
13:55 - 14:35 岡本 尚子
Naoko OKAMOTO
人間科学研究科(京都大学・学術振興会特別研究員)
"教授-学習過程における自己制御の意義: 「卒啄(そったく)」の視点から見た脳活動データ"
■ Break  
14:40 - 15:20 佐藤 暢哉
Nobuya SATO
関西学院大学文学部・准教授
"ナビゲーションの脳内メカニズム: ルート知識の脳内表象"
■ 招待講演  
15:20 - 16:20 香山 雪彦
Yukihiko KAYAMA
福島県立医科大学医学部・教授
"意識の世界と無意識の世界: 心の神経機構に迫る"
■ 開会の挨拶  
16:20 - 16:30 苧阪 満里子
Mariko OSAKA
人間科学研究科・教授