拠点リーダー挨拶

ロボット工学・認知科学・脳科学「認知脳理解に基づく未来工学創成」
拠点リーダ 石黒 浩 教授 (基礎工学研究科)

石黒 浩 教授

本拠点では,医学系研究科と連携機関の国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の脳研究と脳‐機械インターフェースを仲介に,人間科学研究科による認知心理学研究と,工学研究科,基礎工学研究科およびATRによる人間指向のロボット研究を結びつけることで,脳の高次機能の理解に基づくロボット学を介して人間に親和的な情報・機械システムを創成する.これを認知脳システム学と呼び,文理融合型の新たな教育研究分野を確立する.

大阪大学における人間指向のロボット研究は,従来の機械的なロボットの開発ではなく,人間理解に根ざした,人間の知能や発達を理解するための研究であり,そこでは,人間と機械の関わりにおける基本問題を扱ってきた.一方,認知科学は生体情報測定機器や動作・視線検出装置など新たなツールと共に発展してきたが,近年ではそのツールとして,ロボットやセンサネットワークが注目されている.これらの背景のもと,本拠点では,人間理解の研究を展開しながら,人間が適応しやすい,人間に優しい機械システムを実現するためのロボット研究と認知科学が融合した教育・研究を展開する.

そしてこれらに,脳研究を加えることで,認知科学研究が扱う高次脳機能をより精緻に探求すると共に,ロボット研究においても,脳科学・認知科学的知見に基づく,より人間に適応したシステムを実現し,現代社会における問題を解決する未来の工学システムの設計指針を具体的な形で提案する.

[ページ先頭へ]