脳科学・工学融合研究

  • 脳機能イメージング技術やブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の研究を通して、認知脳の理解を深める。
  • 脳と情報・機械システムを結びつけるインターフェース技術を確立する。
  • 侵襲型の技術で得られる知見をもとに、fMRI、NIRS、EEG等の非侵襲型の技術を確立する。

活動例

臨床現場へのロボットの導入実験

麻酔科

頭蓋内電極を使ったブレイン・マシン・インターフェースによる脳機能再建

脳外科

脳内温度を指標とした脳機能活動の測定

吉岡研

慢性埋め込み可能な人工網膜の開発

不二門研

分子イメージング用PET装置の開発

核医学

在宅使用が可能な経頭蓋磁気刺激装置の開発

斎藤先生

認知脳科学に基づく神経暗号の解読

藤田研

[ページ先頭へ]