第29回創成塾

[2011.02.14]


2011年2月22日(火)18:00-20:00  吹田キャンパス 医学部病院14階会議室2にて第29回創成塾が開催されました。

内容:
18:00-18:20 Beata Joanna Grzyb (doctoral candidate, Jaume I University, Castellon, Spain; special research student, Graduate School of Engineering, Osaka University, Osaka, Japan)
18:20-18:30 質疑応答
18:30-18:50 前田吉樹 (大阪大学大学院 医学系研究科 麻酔・集中治療医学講座 博士後期課程1年)
18:50-19:00 質疑応答
19:00-20:00 学生によるパネルディスカッション

病院14階会議室2

参加人数:29人
議事録(学内アクセスのみ)

講演1:Beata Joanna Grzyb (doctoral candidate, Jaume I University, Castellon, Spain; special research student, Graduate School of Engineering, Osaka University, Osaka, Japan)
“Reaching for the stars: (mis)perception of body effectivity in older infants”

beataThe decision whether to reach or not for an object is not only driven by visual distance perception but it also strongly depends on one’s belief of what his or her body is capable of. This brings up some interesting questions. Do infants know what is or is not within their reachable space? How infants’ knowledge of their body properties change with their cognitive and motor development? In our endeavor to answer these questions we conducted series of studies with 9-month-old and 12-month-old infants. Contrary to our common sense, only younger infants (and not older ones) showed that they are able to perceive the outer boundary of their reachable space. In this talk, firstly I will discuss the possible explanations for such a phenomenon to happen, and secondly I will focus on one of the explanations showing how a robotic platform could be useful in verifying its plausibility.

講演 2:前田吉樹 (大阪大学大学院 医学系研究科 麻酔・集中治療医学講座 博士後期課程1年)
「ヒトの筋痛に対する脳内機構:fMRI研究と心理物理研究」
発表資料 (学内アクセスのみ)

maeda人の痛みは「情動的な経験」という極めて主観的な側面を持つ為その評価・治療・研究が非常に困難であり、臨床上でも問題となることが多い。我々のグループでは、臨床上問題となりやすいヒトの筋痛の脳内神経機構を機能的MRIで解明する研究を行っている。麻酔薬を皮下注入することで皮膚の感覚を遮断し、筋への純粋な圧刺激を可能にする方法を用いて、刺激に対する脳活動をfMRIで検証した。結果、筋への圧痛刺激に特異的に活動する単一の脳領域は見られなかったが、筋痛によって活動した複数の領域からなる、特異的なパターンもしくは神経回路を見る事ができた。しかしながら、この結果から筋痛のメカニズムを理解する為の更なる検証を進める上では、圧刺激の物理量と痛みの心理量との間にある複雑な関係性を調べる必要がある。今回は我々のfMRI研究と、この関係性を解明するための心理物理研究を紹介し、今後の展望についてお話しさせていただきます。

[ページ先頭へ]