第39回創成塾

[2011.09.09]


2011年9月13日(火)18:00-20:00 吹田キャンパス 工学研究科 R1-213にて第39回創成塾を開催いたします。

内容:
18:00-18:40 Thomas Hermann (Ambient Intelligence Group, CITEC, Bielefeld University, Bielefeld, Germany)
18:40-18:50 質疑応答
18:50-19:20 中江 文(大阪大学大学院医学系研究科 特任准教授)
19:20-19:30 質疑応答
19:30-20:00 パネルディスカッション

講演1: Thomas Hermann (Ambient Intelligence Group, CITEC, Bielefeld University, Bielefeld, Germany)
“Sonification – Auditory Interfaces for Data display and HCI”

Sonification is the representation of data by using (typically non-speech) sound. Listening to your data offers a different approach to understand patterns in the data in a complementary and different way than in visualizations. But sonification is not only an interesting approach for exploratory data analysis, it provides new perspectives for visually impaired users, for learning complex movements, for information display in radio programs or for human-robot interaction. The talk will give an overview of sonification research, the methods, tools and application areas. The method of Model-based Sonification will be introduced as an approach to sonify data regardless of their source or dimensionality so that structure-specific information becomes audible. Several recent sonification projects at Bielefeld University will be demonstrated with sound examples, and it will be shown how sonification can advance ambient intelligence and cognitive interaction technology.

講演2:中江 文(大阪大学大学院医学系研究科 特任准教授)
「痛みの中枢メカニズム」

 痛みのメカニズム、特に慢性痛のメカニズムについてのトランスレーショナルリサーチの試みを始めたので紹介する。我々のグループは顔面痛の神経因性疼痛の研究を行ってきた。顔面痛のモデルを作成しているのだから痛いのは顔だけのはずである。しかし、顔面痛の個体の後ろ足における行動解析で、神経損傷がないにもかかわらず疼痛過敏行動を認めることが明らかになった。
 我々は、人間科学研究科との共同研究で慢性痛患者の認知科学的なプロファイリングを開始した。その一部のデータより、疼痛過敏性のデータの紹介を行う。動物の場合と同様に、本来痛みのない部位に実験的痛み刺激を加えその痛み閾値、痛みに対する感じ方の質問票の回答を得た。その結果慢性疼痛患者では、正常部位での測定にもかかわらず、健常者に比し疼痛閾値の低下を認めた。
 動物実験の結果を合わせて考えると、長い間痛みにさらされることにより中枢性に痛みの感作を受け、2次的に疼痛過敏性が増している可能性が考えられた。今後ワーキングメモリを始めとしたその他の認知機能とのかかわりを明らかにしていきたいと考えている。

[ページ先頭へ]