第40回創成塾

[2011.09.28]


2011年10月4日(火)18:00-20:00 吹田キャンパス 医学系研究科 銀杏会館 会議室Bにて第40回創成塾を開催いたします。

内容:
18:00-18:30 Aris Alissandrakis (visiting research fellow with the Adaptive Systems Group, University of Hertfordshire, UK)
18:30-18:45 質疑応答
18:45-19:15 福山寛志 (京都大学大学院教育学研究科 D1)
19:15-19:30 質疑応答
19:30-20:00 パネルディスカッション

Access Map to Ichou-Kaikan

講演1: Aris Alissandrakis (visiting research fellow with the Adaptive Systems Group, University of Hertfordshire, UK) (On Skype talk)
“Imitation and the correspondence problem(s)”

A characteristic of many social animal species as-we-know-them, e.g. dolphins, chimpanzees, humans and other apes, is the ability to learn from others. Inspired by nature, many researchers have attempted to design life-like social artifacts as-they-could-be, i.e. software or robotic artifacts that are able to learn from each other or from human beings. Imitation is one of the most important social learning mechanisms whereby knowledge may be transferred and skills acquired between agents (both biological and artificial). This talk is intended as an interdisciplinary brief introduction to imitation and social learning, the agent-based perspective, and the correspondence problem, a fundamental issue on imitation that effectively states that there can be multiple definitions and interpretations of what is “similar” when trying to reproduce a behavior.

講演2:福山寛志 (京都大学大学院教育学研究科 D1)
「対乳児行為の反応としてのヒト乳児による模倣:情動情報の影響」

ヒトの大人は,乳児とのやり取りにおいて行為や表情を誇張する.乳児に接するときにみられるこうした修正は,一連の行為のいくつかの側面を強調する.本研究では,対乳児行為のいくつかの要因が乳児による目標指向的行為の模倣に与える影響を検証した.その要因として,行為呈示者の笑顔やアイコンタクトといった情動情報に焦点を当てた.研究1において,14ヶ月児は,実験者が大げさなやり方で目標指向的行為を呈示する様子を観察した.その際,その行為の目標または過程が実験者の情動情報によって強調された.参加児は,情動情報が目標に伴ったときよりも過程に伴ったときに行為過程のスタイルを多く再現した.研究2において,乳児は研究1と同じ行為を観察したが,その行為の目標または過程には情動情報ではなく物理的な音が伴った.参加児は,条件にかかわらず過程のスタイルよりも目標を多く再現した.これらの結果は,行為呈示者による情動情報はこの発達段階の乳児の模倣に影響を与えるが,その傾向は物理的な音の同期によるものではないことを示している.

[ページ先頭へ]