日本学術振興会特別研究員(グローバルCOE)推薦候補者の募集

[2011.11.25]


本拠点では、来年度に採用される特別研究員(グローバルCOE)の推薦候補者を募集します。要領は以下のとおりです。

1. 資格

日本学術振興会特別研究員DC1・DC2(以下「一般の特別研究員」)と同じ。詳しくは日本学術振興会のページ(http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_boshu_f.html)を参照。

  • 過去に一般の特別研究員もしくは特別研究員(21世紀COE)に採用されたことのある者は応募できない。
  • 平成24年度採用分の一般の特別研究員に申請中の者については、特別研究員(グローバルCOE)に採用された場合は、一般の特別研究員の申請は取り下げとなる。
  • 過去に一般の特別研究員に申請し、不採用となった者は、一般の特別研究員に申請した当時よりもすぐれた点(研究計画、研究業績等)を記載した文書を申請書に添付すること。

2. 推薦者数と採用期間

本GCOEから推薦するのは1名。採用期間は本GCOEの事業期間終了(平成26年3月末)を限度とする。ただし、本GCOEが打ち切られた場合は、その時点で採用を中止する。

3.研究奨励金および研究費

平成24年度の研究奨励金支給予定額は200,000円。また、科学研究費補助金(特別研究員奨励費)の応募資格が与えられる。応募を希望する場合は、推薦決定後に特別研究員奨励費の応募書類も提出すること。

4.応募方法

応募書類(下記URLからダウンロード)に記入し、平成23年12月6日(火)までに、office@gcor-cnr.osaka-u.ac.jp宛てに送信すること。

応募書類(H24特別研究員(G-COE)申請書)

5. 審査

拠点リーダーの石黒教授を中心とする選考委員会により実施。審査結果は12/16(金)までに応募者に通知。

注意事項

  • 特別研究員(グローバル COE)採用経験者は、一般の特別研究員DC に申請することは認められない(PDは可)。
  • 採用後の受入研究者は、本GCOEの事業推進担当者であり、採用される特別研究員の学籍上の指導教員でなければならない。

[ページ先頭へ]