第54回創成塾

[2012.10.19]


2012年10月25日(木) 18:00-20:00 豊中キャンパス 基礎工学研究科 システム考案室にて第54回創成塾を開催致します.

内容:
18:00-18:40 小川秀明(アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ, アーティ スト)
18:40-18:50 質疑応答
18:50-19:30 Jennifer Robertson(Departments of Anthropology and the History of Art, University of Michigan, 教授)
19:30-19:40 質疑応答
19:40-20:00 パネルディスカッション

基礎工学研究科 システム考案室

講演1: 小川秀明(アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ, アーティスト)
「芸術と科学の交差点」

アート、テクノロジ、そして社会。1979年からアルスエレクトロニカは、相互に 絡み合うそれらの相関、融合、要因、効果について探求してきた。ここで行われ ている議論、企ては、アートとサイエンスの現在進行形を議論する上で、革新的 で、過激で奇妙かもしれない。しかし、アート、テクノロジそして社会を巻き込 む創造は、私たちのライフスタイル、人生のありかた、毎日といった日常生活に 影響を与えている。芸術と科学の交差点とは何か?アルスエレクトロニカで日々行われる、ハイブ リッドなプロジェクトや試みを通して、この講義ではアーティストとサイエン ティストが社会に向けて何のために「疑問」を投げかけるのか議論する。

講演2: Jennifer Robertson(Departments of Anthropology and the History of Art, University of Michigan, 教授)
「良妻賢ボット:ロボットのジェンダー、ロボット学のレトロイズム」

In humans and humanoid robots alike, gender (femininity, masculinity) amounts to a performance of ascribed and learned behaviors that are further enabled and enhanced by cosmetics and clothing. In humans, these behaviors are both socially and historically shaped, but are also contingent upon individual choices and desires. As amply demonstrated in Japanese cultural practices past and present, human female and male bodies alike can perform a broad spectrum of gender roles. What about humanoid robot bodies? Japan leads the world in the manufacture of humanoid robots designed for eventual use in the home and workplace. The desirability of a robot-­‐‑mediated society, which includes interpersonal relationships with robots, is more openly expressed in Japan than in other nation-­‐‑states with advanced robotics industries. I argue that so far, the humanoid robotics has reproduced and reified retrograde stereotypes of (Japanese) women and the household (ie, 家). I offer some suggestions as to why this is the case and look forward to a lively discussion on the subject.

[ページ先頭へ]